導入例5

工場での節電取り組みにおける導入事例3

事業者名 株式会社日本栄養給食協会
業種 工場
建物情報 事業所名:株式会社日本栄養給食協会第二工場
工事種別:新築
棟数:1棟
延べ床面積:3,019㎡
構造:RC 2階
電力管区:東京電力
BEMS導入前の補助事業者の課題 2012年7月から操業開始。フル操業とともに電気代が大きくなった。主たる原因は曝気槽での排水浄化目的のブロワ―モータが24H365D動いていること。
提案内容 契約電力:74kW → 50kW
消費電力(従量):478,680kWh → 343,340kWh
年間電気料金(当初):8,160,000円
年間削減額(目標):2,000,000円
削減率:24.5%
導入費用(工事費込)※補助後:\2,216,128
投資回収期間:1.0年
計測ポイント:デマンド1点、ブロワーモーター6点
制御ポイント:ブロワーモーター6点
制御方法:デマンドピーク時のブロワ―モータ強制制御によるカットと各ブレーカの間欠運転による制御
エネルギー管理支援サービス内容:
【 CCサービス 】
・各エネルギーデータ表示 ・省エネ講習会 ・省エネパトロール ・定期報告 ・省エネ推進部署設立支援 ・省エネコーチング配信 ・デマンド対策マニュアル作成 ・省エネ改善現場指導
導入に至ったポイント 今までの環境を維持しながら、曝気槽にかかせないブロワーモータの消費電力を削減できる具体的提案があったこと。
BEMS補助金を活用し、投資回収期間が格段に短期だったこと。(1.6年から1.0年)
導入後の補助事業者の取組み ○今後も継続的な指導と、省エネ全般の情報提供と提案を要望されている。
○削減効果測定は、既に電気代の削減になっている。(3月は前年比25%ダウン) また、工事全般もスムーズに行われたと評価いただいている。
補助事業者からアグリゲータへの要望・評価 ○今後も継続的な指導と、省エネ全般の情報提供と提案を要望されていること。
○削減効果測定は、これからであるが工事全般はスムーズに行われたと評価いただいている。
アピールポイント
CCサービス 直感的に訴えるメイン画面。省エネ速報のチェックで、進捗具合が確認できる。コーチングシステムで、遠方でも細かなフォローを実現している。
ecoVigiloBEMS デマンドのピークをカットする強制制御を各ブロワ―モータにかけたことで通期の基本料金を削減でき、また各ブロワ―を時間をずらしながらの間欠運転により、曝気槽の善玉菌の活性度合を維持できた。